新生銀行に対するSBI HDのTOB[まとめ]



2021年9月9日より、SBIホールディングス株式会社(以下「SBIHD」)は株式会社新生銀行(以下「新生銀行」)に対して公開買付け(TOB)の開始を公表しました。それに対して、新生銀行はSBIHDより事前の連絡のない突然の発表であったとし、TOBに対しての買収防衛策の策定や、独立社外取締役協議会の設置などを行いながら、賛同への条件付きとした反対の意見表明をして臨時株主総会の準備をしていました。


しかし11月25日に予定されていた臨時株主総会の前日に、新生銀行は最終的に立場を「中立」と変更し、臨時株主総会は中止となりました。それにより友好的TOBに切り替わったことになります。TOBは12月10日に期限を迎え、SBIHDは新生銀行の47.77%を取得し、12月17日に新生銀行を連結子会社化しました。


当記事は一連の経緯をまとめています。


双方の主張
新生銀行の株価の推移

①…9/9のSBIHDによるTOB発表を受け、9/10(前日比+20.8%)、9/13(同13.0%)と続伸

②…11/24は買収防衛策否決の公算が高まり1,958円まで上昇。

③…12/15はSBI傘下入りへの期待が先行し、株価が2,000円を突破。終値2,154円に。




タイムライン

SBIHDおよび新生銀行のやり取りについて時系列で主張をまとめました。

※外部サイト(各ホームページ)へリンクします。




関連する記事など

各メディアの記事をまとめました。

※外部サイトへリンクします。



最新記事

すべて表示